FC2ブログ

    プロフィール

    farshia・archan

    Author:farshia・archan
    はじめまして

    ゲーム好き夫婦の日記として始めたものの
    今では嫁・archanが
    長文を書き散らすブログになっています。

    ほぼ月イチ更新ペースですが
    どうぞよろしくおねがいします。



    主に稼働中のゲーム
    ・グラブル
    ・ゼルダの伝説BOTW
    ・スパロボV
    ・ニーアオートマタ
    ・この世の果てで恋を唄う少女


    以下ぼちぼち
    (やったりやらなかったり)
    ・文豪とアルケミスト
    ・パワプロ2016


    スマホゲー
    archan
    ・デレステ
    ・虹色カノジョ2nd
    ・エグリア
    ・アナザーエデン


    farshia
    ・カルチョビットA
    ・アナザーエデン


    etc……


    最新記事


    最新コメント


    最新トラックバック


    カテゴリ


    ブログリンク☆彡


    かうんたー

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    来週のイベントへ向けてのまどか語り(archan)

    16日の
    「魔法少女まどか☆マギカに関する飲み会」 が近くなってきたので
    こないだ観て来たまどマギ映画の感想を書きつつまどか語りをしたいと思います。



    まどかはTV放映前からスタッフの豪華さでちらほら話題に上がっていたアニメでしたが
    キービジュアルが普通のほんわか美少女絵だったので
    よくある魔法少女物だろうという予想が大半でしたね。
    それでも一部視聴者達は虚淵脚本だから何かあるのではと警戒していたようですがw


    当時の私はアニメ放映が極少の地方在住だったので
    アニメはニコニコ生放送でタイムシフト予約数が多いアニメのみを視聴する
    というスタイルでした。

    まどかはタイムシフト予約数がそんなに多くなかったのでランキング上位に入らず
    視聴可能だとは知らずにスルー状態だったんですよね(;´∀`)



    そう、あの3話が配信されるまでは…
    (以下ネタバレあり)





    もう何も怖くない第3話の反響からネット配信されてることを知り観はじめたら
    ・OPの曲からしてなんだか切ないしシリアス展開ぽい匂いがする。
    ・全体的に色が薄くてどうにも落ち着かない。
    ・きゅうべぇが胡散臭い。
    ・虚淵氏がツイッターで『もしかしたら最後まで魔法少女にならないかもよ?』と煽っている



    これはまだ何かあると思ってタイムシフトで毎週観るようにw
    考察wikiなんかも読み漁ってたので最終話でまどかがほむらちゃんに
    「また会えるよ」的なセリフを言った時には
    「それってほむほむが死ぬ時じゃねーか!」と、
    即つっこみを入れる程には理解できてましたw



    今回、新編を観る前に劇場版の前後編も観たんですが
    TV版のラストで黒い羽だった演出がとんでもないことになってたので
    多少心の準備をして観にいけたかなぁと…

    それでも新編は観ていて3回くらい背筋がゾクゾクきちゃいましたけどね。
    すばらしいイヌカレー劇場でした。

    序盤、きゅうべぇが「キュウ☆」って鳴いたところで
    「何マスコットキャラぶってんだ!」とぶっ飛ばしたくなる衝動に駆られたりしたよね。
    みんなそうだよね?。゚+.(・∀・)゚+.゚


    TV版ではさやかの不憫さが一番辛かったので、
    新編でのさやかちゃんの活躍っぷりには大満足です♪
    (ブレイクダンスは置いといて)
    杏子との共闘シーンは涙腺がやばかった。
    TV版12話でさやか円環後に杏子が
    「せっかく友達になれたのに」と呟いていたあの場面が
    脳内再生されて思わず泣きそうになりました。
    互いに届かなかった気持ちがやっと伝わった感動シーンですね(*´Д`*)



    ほむらちゃんについてはどこまでが本音なのか…
    何せ自分で自分にブレーキかけまくる人ですから。
    魔女化したときも、まどかに救いを求める自分を自分で壊しまくってましたし。
    断頭台へ向かいながらも背中のリボンは死にたくないと足掻いているように見えた。
    本当に難しい。

    「悪魔のふりをして因果の負の部分を自分ときゅうべぇが背負うことで
    まどかがまた人間として大切な家族や仲間たちと生活できる日常を実現させる。
    そしてまどかが幸せに暮らす世界に私も存在していたい。」
    こんな願いじゃないかと思うんですが…う~ん。


    ラストでマミさんや杏子には姿を見せずに決別のアピールをして
    まどかにも誘導尋問的な問いを投げかける。
    これがどうも不自然な流れに見えて引っかかるんですよね。。。

    最初の世界が無意識下に作ったほむらの100%理想の世界だとすると
    二人と別れることはその意に反するわけで。

    まどかのためというなら
    杏子が改変後も美滝原にいる設定が維持される理由が特に見当たりません。
    それこそマミさんとベベがまた一緒になる必要性もないですよね。



    虚淵氏はほむらが成長したと語っていましたが、
    成長の物語だと考えると
    今までまどかが一番大切で、まどか以外は眼中になかったほむらに
    まどかの他にも大切だと思える人が増えた。
    (劇場版の前後編ではほむらのまどか以外への感情の動きがより丁寧に描写されています。
    EDの文字が魔女文字で描かれているため、魔女化したほむら視点での前後編ではないかという説アリ)


    その大切な人達を幸せにするために
    世界の秩序に対し全力で叛逆する物語なのかな。


    ルールには従わなくちゃいけない。
    それで誰かが助かったとしても他の大多数の迷惑になっちゃうよ。

    ルールなら自分の大事な人が不幸になっても我慢しなくちゃいけないの?
    仕方のないことなの?

    理をぶち破ったほむらちゃんは悪魔?むしろとても人間らしいと思えるのです。



    でもそうしたら誰がほむらちゃんを救うのだろう?
    半分の月の下、一つしかない椅子。
    これでいいの私は幸せなのよと自分に言い聞かせるように舞う彼女。



    「ひとりになったらだめだよ、ほむらちゃん。」



    TV版でもまどかがよく言っていた台詞です。

    新編でも前半後半の重要な場面でまどかが言ってましたが
    前半での台詞はちょっと?だったんですよね。
    杏子に相談しているし単独行動が増えたけれども完全にひとりになってはいない。

    円環の理としての記憶は失っているけれども
    何度も自分のためにループを繰り返して戦ってきたほむらちゃんを知っている
    まどかとしての部分がエピローグの光景を予感し、
    その言葉を言わせたのだとしたら……?



    唯一記憶の残っているさやかちゃんが突破口を見つけてくれるかも?!
    なんて展開を期待せずにはいられませんねo(・ω・´o)
    自称悪魔なほむらさんも煽ってましたが
    立ち位置がまどか概念化後のほむらちゃんそのものですから~w



    映画のおかげでほむさやという新たな概念がここに誕生した!!!w



    他にも様々な感想が上がってますが
    今回の新編はファンサービスに溢れつつも新しい物語への可能性も秘めた
    良い作品に仕上がった感じですね。


    いつかほむらちゃんがメガネ時代の自分を肯定できる日がくればいいなと
    メガほむ好きな私としてはそこのところを切に願うのであります(*´ω`*) 

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://farshiarchan.blog.fc2.com/tb.php/29-20b9a25c

     | ホーム |  page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。